ぼっち行動のススメ♪

たまにはひとりもいいんじゃない? ぼっち慣れは最強のスキル♪

タカラヅカ・スカイ・ステージ 無料放送を楽しむ

先日お知らせが届いた。

 

f:id:yoshinagamaki24:20180927235147j:plain

9/26(水)から、タカラヅカ・スカイ・ステージが

5日間無料放送されるとのこと。

かつての加入者へお知らせが届いたというわけだ。

 

ご存じの方も多いと思うけれど、タカラヅカ・スカイ・ステージ(以下、スカステ)は

視聴料がちょっと…いや、だいぶ高い。

 

もちろんそれだけ見る価値のある番組をやっているのだけれど

忙しく働いている人にとって、あの視聴料は痛い。

録画しても見る時間がないし。

 

そういう理由で私は解約したのだが、最近あまりにも東京公演のチケットが

取れないので、これをきっかけにスカステ再加入を真剣に考えている。

 

…で、昨日から始まった無料放送で観ることができなかった公演を

録画してチラチラ見ているのだけれど、やっぱいいわ、スカステ。

 

思えばスカステを解約してから、宝塚事情に疎くなってしまったよなあ。

いつの間にか退団していたジェンヌさんもいるし。

 

もちろん舞台は生が一番!

でもチケットが取れないとか、家庭の事情で観劇できないとか

いろいろ事情のある人には、本当にありがたいよなあ、スカステ。

 

あと数日無料放送を楽しんで、10月1日にどうするか考えよう。

 

#タカラヅカ・スカイ・ステージ

#タカラヅカ・スカイ・ステージ無料放送

#宝塚歌劇団

 

『ジャージー・ボーイズ』チームホワイト 観劇

フランキー・ヴァリ&ザ・フォーシーズンズの栄光と挫折を描いたミュージカル

ジャージー・ボーイズ』。

f:id:yoshinagamaki24:20180926213817j:plain

 

私はフランキー・ヴァリ&ザ・フォーシーズンズの世代ではないし

彼らの代表曲『君の瞳に恋してる』は

ボーイズ・タウン・ギャングのイメージが強い。

彼らの曲でまともに知っている曲は『シェリー』ぐらい。

 

でもこの話はグッときたなー。

暗い話も多いし、メンバーのトミー・デヴィ―トのダメダメぶりに

腹が立つし、気持ちが滅入る場面もあったけど、観に行って良かったと

思う。

 

まずは久しぶりの中川アッキー(晃教)さんの歌にやられた。

アッキーの声はあまり好みではないのだけれど

フランキー・ヴァリ役は、この人しかいないよねと思わせる歌唱力。

やっぱりすごいわって思った。

 

そしてメンバーそれぞれ、歌唱力の高いこと、高いこと。

特に海宝さんとアッキーが歌うシーンは、口をポカーンとあけてしまう

ほど聞き込んでしまった。

 

f:id:yoshinagamaki24:20180926213835j:plain

こうなったらチームブルーも観てみたいじゃないか!

 

 

観たあとにちょっと思ったのは、日本だったらX JAPANの物語を

ミュージカルにできるんじゃないかということ。

ストーリー的にはジャージー・ボーイズに負けず劣らず

すごい作品になるのではと思ってしまった。

 

そしたら「館山ボーイズ」ってなるの?

うーん、いまいち。

 

#ジャージー・ボーイズ

#シアタークリエ

#中川晃教

#海宝直人

劇団ぼるぼっちょ・『ダンナー・ジェンダップ』観劇

先日取材させていただいた、劇団ぼるぼっちょを主宰する

安倍康律さん。

spice.eplus.jp

 

旗揚げ公演の再演『ダンナー・ジェンダップ』を観劇してきた。

f:id:yoshinagamaki24:20180917233558j:plain

いや~、面白かった。やっぱりこの作品は面白い。

いまだにメインテーマ(と、勝手に思っている)の

ダンナー・ジェンダップの歌(と、勝手に名前をつけた)が

頭の中をグルグルしている。

頭から離れない曲って、名曲だと私は個人的に思っている。

 

さて初演を観ている私としては、出演者が変わるだけで

こんなに雰囲気が変わるんだーというのが、一番に思ったこと。

前回ダンナー・ジェンダップを演じた川口竜也さんとは

全く色の違うダンナー・ジェンダップを池田紳一さんは作り上げていた。

これがまた面白いんだわ、ほんとに。

 

この作品の面白いところは、出演者全員が体を張っているところ。

出番じゃないときはそれぞれが楽器を手にして演奏をし

大道具、小道具だってこなしてしまう。

 

そして今回特に思ったのは、この話、とってもドリフなんだよね。

私は「8時だヨ!全員集合」で子ども時代を送った超ドリフ世代。

この作品を作った安倍さんは、私よりずいぶん若いから

ドリフはそんなにドンピシャではないと思うのだが

懐かしいノリがいっぱい。

 

特にダンナー・ジェンダップとおばあさんのやりとりは

志村けんいかりや長介のコントそのものだもの。

 

残念ながら今日で千秋楽だけれども、またこの作品をやってほしいし

年末にはぼるぼっちょの新作『クラブシャーリー』が上演時間されるので

ぜひ「芝居は好きだけど、ミュージカルはちょっと苦手」という人に

観てほしいなあと思う。

 

~今日の2枚~

f:id:yoshinagamaki24:20180917233737j:plain

この手作り感が、とってもいいんだよねー。

f:id:yoshinagamaki24:20180917233852j:plain

そして井上芳雄さんから、こんなのが届いていました。

 

#劇団ぼるぼっちょ

#ダンナー・ジェンダップ

 

 

タッキー&翼

最近起きるやいなや、びっくりするニュースを目にすることが多い。

 

タッキー&翼が解散。

今井翼ジャニーズ事務所を辞め、滝沢秀明はプロデュース業に専念するのだとか。

 

個人的にはタッキーは良い選択をしたと思う。

演技力はあるけど、ダンスや歌はとびぬけて上手くないからね。

 

でも突然「解散しました」という手法は、相変わらずひどい事務所だなと思った。

 

確かにここ数年、タッキー&翼として活動はしていなかったけど応援してきたファンもいるんだろうし、さよならを言うこともできないとはひどい話だ。

 

私は少年隊のファン。

もう何十年も活動していないけど、突然「少年隊は10日付で解散しました」

って言われたら、絶対ショックだもん。

 

ファンというのはそういうものなんです。

 

そうやって考えると、安室ちゃんは偉いなあ。

本当にファンのことを考えている人だなって思う。

そういえば安室ちゃんも、引退までカウントダウンだね…。

 

~今日の1枚~

f:id:yoshinagamaki24:20180913225759j:plain

そういえば『ナイツ・テイル』に出演していた堂本光一くん(Kinki Kids)のバックで

タッキーは踊っていたんだっけ。

#タッキー&翼 #引退

ライターという仕事

最近職業欄に「ライター」と躊躇することなく書けるようになった。

 

私は40歳を過ぎてからライターの仕事を始めた。

大学を卒業して新聞社や出版社、制作会社に入社してキャリアを積んできた人

からみれば、経験が浅いと感じるだろう。

 

そもそものきっかけは、お金のため。

大病をして離婚をした私にとって、お金は切実な問題で

会社員をしながら副業として細々と書き続けてきた。

 

1年間ライタースクールへ通ったのがきっかけで、人生が変わる。

2015年の12月で長年勤めた会社を辞め、ライター業に専念。

そこからは苦しい道のりで、自分で言うのもなんだが、かなり頑張ったと思う。

 そしてようやく最近「ライターです」と言えるようになったのだ。

それは経験の浅い私を信じて使ってくれた人たちのおかげ。

本当に感謝しかない。

 

正直ライターは稼げない。がっかりするほど稼げない。

ただ、大学を卒業してからほぼ休むことなく働いてきた私にとって

初めて仕事が楽しいと思えるようになった。

これは私の人生でかなり大きな出来事だ。

 

さて、お金のために始めたライターという仕事だが

思いはそれだけではない。

 

いろいろな思いを、少しづつ書いていくのもいいかなあと

最近感じているし、どうやってライターの仕事を定着させたか

ライタースクールに行けばライターになれるのかということを

伝えていきたいなと思っている。

 

~今日の1枚~

f:id:yoshinagamaki24:20180912231633j:plain

ホブソンズって、まだあったんだ! と思わず買ってしまった。

私が高校生の頃、空前のアイスクリームブームで、学校帰りにアイスクリームショップへ寄ることが楽しみだったけ。

お金のメディア『DAILY ANDS』に掲載されました

1カ月ほど前に取材した女性のためのお金のセミナー。

3本の記事がアップされたので、ぜひご覧ください。

これから投資を始めたいと思っている人は、

とっても役に立つと思う!

 

daily-ands.jp

daily-ands.jp

daily-ands.jp

 

 

 

 

「綿徳」「味八」美味しい麺類をご紹介

取材に行った先で、麺類を食べることが多い。

手軽だし、早いし、糖質がどうのこうのと言われているけど

麺類はおいしいもんね。

 

最近食べた麺類で美味しかったな~というのを紹介したいと思う。

 

まずは芝公園にある中華料理屋さん「綿徳」。

芝公園界隈は意外に中華料理屋さんが多いのだが

ランチタイムは、ダントツで行列しているお店。

ミーハー心に火がついたので、暑い中並んでみた。

こちらのお店の売りはあんかけ焼きそばで「焼きそば」と

注文したら、普通にあんかけ焼きそばが出てくるのだとか。

 

やはりおすすめを注文すべきだと「焼きそば」を頼んでみた。

そして出てきたのがこちら。

 

f:id:yoshinagamaki24:20180825233639j:plain

す、すごいてんこ盛り!野菜たっぷりなので、麺にたどり着くまで大変なのだが

ハフハフしながら必死に食べる。でもこれはかなり美味しいぞ!

こちらのお店、ランチタイムは相席が当たり前なので、そのあたりに

抵抗がない人は、ぜひ行ってみて欲しい。ちなみに女性一人客も多かったです。

 

そして次は、新宿の北海道ラーメン「味八」。

私は味噌ラーメン派なのだが、「味八は絶対しょうゆラーメンが美味しい!」と

聞いたので、素直に従ってみた。

 

f:id:yoshinagamaki24:20180825234339j:plain

 

とてもシンプルだけど、濃厚なスープはかなり美味!チャーシューもやわらかくて

美味しかったな~。15時半頃行ったのだが、そこそこお客さんが入っていたので

ランチタイムは混むんだろうな~。味噌ラーメン派としては、次回はぜひ

味噌ラーメンを試してみたい。

こちらも女性一人で気軽に入れるので、おすすめです。